でびゅー。

でびゅー。福井県越前海岸のダイビングログ

カラ梅雨で、いい天気が続く越前です。
水中も6月に入ってから透明度がよく、ダイビング日和が続きます。
陸上が暑いので、ウエットスーツかドライスーツで悩ましいです。

こだわり一眼レフデビューのO様と初シードラゴンお客様、M様のアドバンスコースです。

どのポイントでもダイビングできる最高のコンディション。
学校下にダイブすることにしました。

砂地のホウボウ幼魚狙いのダイビングを計画。
まずはコケギンポ団地へ。
赤色の子は今日も元気でした。

海草エリアでは、アメフラシがあちこちで交接しています。
ラーメンみたいな黄色い卵がいっぱいです。

砂地に落ちるとちょっとひんやりしました。

岩の上のアナハゼ。
にらめっこしてるみたいです。

発見!
極小ホウボウの幼魚です。

2ダイブ目は、じっくりカメラ練習できるようにテトラの内側ダイブにコースどり。

テトラの内側とはいえ、侮れません。
明るい水中は、撮影ロケーションとしては最高です。

ほのぼのするような姿勢のアオウミウシ。

サガミミノウミウシがあちこちにいました。
妖しい色使いの体色ですね。
個人的には、大好きなウミウシです。

岩陰にちょっと珍しいゴマフビロードウミウシを発見しました。
ユーモラスな形のウミウシ。
時間をかけて撮ってもらいました。

ホウズキフシエラガイが交接していました。
オレンジ色の卵のアップも絵になります。

撮影 O様
ウスメバルの技撮り
不思議な感じで撮れていますね〜

ケヤリのアップ
柔らかく撮れてます。

のんびりダイブで80分を越えていました。

D800のお客様に聞いたところ、45ファインダーに手こずったそうです。
撮り方が変わるので、慣れるのに時間がかかりますね。

LOG DATA
ポイント 壁石浜
コンデション
天気 晴れ 
波なし 透明度 10~15㍍
水温 水面21℃ 水底20℃
出会った生物
トウシマコケギンポ、アオウミウシ、ウスメバル幼魚、ホウズキフシエラガイ交接、ケヤリ、サガミミノウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、アメフラシ、アナハゼ、ホウボウ幼魚など。

楽しみ方は色々です。

ごまちゃん。

関連記事

  1. ヒメタツのおなか。

    壁石浜に行ってきました。本日のゲストさまのリクエストは、ウミウシ。じっくり…

  2. 波の泡。

    海に着いてみると波が落ちるどころか、上がってきそうな雰囲気。それでも、お客…

  3. タマハハキモク。

    微妙な予報の中、午前中勝負で潜ってきました。いつもより早めのスター…

  4. 春はレアもの。

    三寒四温日で暖かくなってきた越前海岸に、ダンゴウオに会いに行ってきました。…

  5. アドバンス講習。

    3ダイビングしてきました。1本目はボートダイビング、港から出てすぐ…

  6. ドロボーヒゲ。

    浮遊系を狙いに、ナイトダイブに行きました。潮回りでしょうか、フグの子供がた…

  7. ムシクラゲ。

    後半戦のゴールデンウィークです。ウミウシ狙いで行ってきました。ヒメ…

  8. レアポイント。

    海草が見たいお客様のリクエストで、敦賀の手の浦に行ってきました。「手の浦」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

更新履歴

2020年7月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP