調査を兼ねて、フォトダイビングしてきました。予報に反して荒れ模様の越前でしたが、様子を見ながらエントリー。
透明度は10メートルくらいとまずまず。
砂地には、クサフグが砂から目だけを出してじっとしていました。
あちこちに、たくさんオレンジの目のふちが目立っています。
近づいても全然動きません。
ワイドレンズで撮りたい風景です。

まだ数は少ないですがミノ系のウミウシが出てきてます。
ブラックのカムチャッカモエビがいる海草を見つけました。
形も面白いので、フォトジェニックな写真が撮れそうです。

その他、チャガラの婚姻色やアナハゼの求愛はまだ早いみたいです。

荒気味だったので、テトラの外に出れませんでしたが、
のんびり気持ちのいいダイビングでした。
次回はアナハゼ、チャガラの宿題を片付けたいですね。

水温14度 透明度10メートル